東洋羽毛工業 ピヨ丸ぐっすり.com

羽毛ふとんのパイオニア 東洋羽毛工業が提供する睡眠情報サイト

  • tweettweet

東洋羽毛スペシャリストインタビュー ご活躍の有名人の方に睡眠と健康、ライフスタイルについてお聞きしました。

今回のゲストは、韓国・李王朝の流れをくむ、ただ一人の李朝風水師、李家幽竹先生。
「風水とは、環境を整えて運を呼ぶ環境学」という考え方のもと、衣・食・住、行動全般にわたる分野でアドバイスを行い、”運”を呼び込む術を多くの方々に伝授していらっしゃいます。

後半では、2009年の運勢や、寝室に風水を取り入れる際のポイントを中心にお聞きしました。

間違った“寝具”選びは不運のもと、こだわりを持って慎重に選びましょう

―2010年はどんな年になるのでしょうか?日々の生活で気をつけるべきことがあれば教えてください。


2010年は、「変化と継続」「浄化と再生」がポイントとなります。

まず「変化と継続」についてですが、自分の環境を変化させることで新しい運気を呼び込み、この先の運勢として継続させていくことができます。たとえば、いつもと違った雰囲気の洋服にトライしてみたり、ずっと気になっていた習い事にチャレンジしてみたりと、小さな変化を起こすだけでも運気アップにつながります。もし、やってみて「合わないな」と感じたら、無理して続けることはありません。ストレスは運気を停滞させてしまいますから、「楽しい」と思えることをチョイスしてくださいね。

次に「浄化と再生」ですが、これは、自分の環境や心をクリアにすることが運気の再生につながる、ということを示しています。とくに2010年は、美しい空気の中から新たな運気が生まれるので、お部屋に空気清浄機を設置したり、お休みの日には、緑豊かな公園などに出かけて心をリフレッシュさせたりするのも良いでしょう。小さな変化を起こしつつ、環境と心をクリアに保つ――。そうすることで、良い運気を呼び込むことができますよ。

―心をクリアに保つ、というのはなかなか難しいですね(笑)。どうしても家事や仕事に追われてバタバタしてしまいます……。

たしかに、皆さんお忙しいでしょうからね。そんな方のために、ひとつ良いことをお教えしましょう。 2010年は、”継ぎ目”の時間が重要になります。つまり、16時~17時といった昼から夜への”継ぎ目”の時間をどう過ごすかで、運気が変わってくるのです。

仕事や家事で忙しく、「心をリフレッシュさせる時間がない」という方は、せめて16時から15分間だけでも、お茶を飲んでゆったりと過ごすリラックスタイムにあててみてはいかがでしょうか?

―なるほど、15分くらいなら実践できそうですね!
 ところで、“寝室”は、運気上昇のためにとても重要な場所だとうかがいましたが、本当ですか?


寝室は、皆さんが考える以上に重要な空間なのですよ。なぜなら人間は、眠っている間に運気を浄化・再生させるのですが、寝室の環境が良くないと、浄化・再生できなくなってしまうのです。

たとえば、寝室に脱ぎ散らかした衣服が散乱していたり、体に合わない寝具を使っていたりすると、運気を浄化できないばかりか、眠っている間に負の運気を吸収してしまいます。「たくさん眠ったのに疲れがとれていない」と感じる場合は、寝室環境に問題があるのかもしれませんね。

睡眠時間の少ない方でも一日に3~4時間は寝室で眠るわけですから、寝室環境を整えることは、ご自身の運を左右するほど大切なことだと心得てください。

―寝室に風水を取り入れる際に、注意すべきポイントを教えてください。

<枕の向きについて> とくに気をつけていただきたいのが”枕”の向きです。一番おすすめなのは”北枕”。北は”水”の方位なので、頭寒足熱(頭は冷やして足を温める)という言葉の通り、”北”と頭は相性が良いのです。また、太陽が昇る”東枕”でもOK。避けていただきたいのは”南枕”。南は”火”の方位ですから、頭とは相性が良くありません。枕の向きは運を大きく左右しますから、じゅうぶん気をつけていただきたいですね。

<カーテンやシーツなどのファブリックについて> ファブリックは、できるだけ空間に合わせてバランスよくまとめるのが良いでしょう。派手な色合いがお好きな方もいらっしゃいますが、多用しすぎると、つねに気が動いてしまうため落ち着くことができません。
また、同様に柄物を多用しすぎるのもNG。シーツが柄物なら、カーテンは無地にするなど、陰と陽のバランスを考えてチョイスしてください。もちろん、シーツやカバーはこまめに洗濯を行い、清潔を保つことが重要ですよ。

<寝具について> 寝具を選ぶ際のポイントとなるのが、”軽さ”と”肌触り”。ふとんが重いと、眠っている間に圧迫されてしまい、知らず知らずのうちにストレスが溜まります。できれば、体に負担の少ない軽いふとんを選ぶようにしましょう。
また、シーツやカバーは、例えばコットンなど、触れてみてご自身が「心地よい」と感じるものを選ぶこと。「お金をかければよい」というものではありませんが、寝具が体に合っていないと、健康に悪影響を及ぼすばかりか”不運”の原因にもなります。ふとん選びをおろそかにしている方は、大きな運に恵まれにくい傾向にありますから、こだわって選ぶようにしたいものですね。 風水をかしこく取り入れて、2010年を素晴らしい年にしてください!

前編は、2010年の運勢と家の中でもっとも重要な場所と言われる「寝室」に取り入れたい風水のポイントをお聞きします。前編を読む
出演者一覧はこちら
【プロフィール】 李朝風水師/李家幽竹(りのいえゆうちく)さん
女性らしい独自のセンスで展開する風水論は幅広い層の女性から支持されており、テレビ・雑誌を中心に、鑑定・講演・セミナー等でも活躍中。主な著書:『運がよくなる仕事風水』『幸せを呼ぶインテリア風水』(光文社知恵の森文庫)、『2010年 李家幽竹の開運風水』(世界文化社)